とっぴの「自分磨き」書店

ビジネス、自己啓発、心理学、スピリチュアルを中心に必ず読んでおきたい本を紹介

人生を劇的に変える読書 ~限られた時間をどう使いますか~

限りある人生の時間を読書に使う

 

僕は本が大嫌いだった。

 

活字を見ると、落ち着きがなくなる。学校の宿題など、どうしても仕方ない場合でも読み始めた途端に眠り始める。まったく自慢にならないが、大学卒業までに完全に読み終えた本は1冊としてない。

 

読書家だった父親は、仕事から帰りご飯を済ませると、一人自分の部屋にこもる。新しく買ってきた本を読み始める。その繰り返しの日々の中で、子供ながら寂しさが募り、読書なんかやめてしまえと心から思っていた。

 

大学を卒業した僕は、社会人となり営業の仕事を始めた。初めは順調に進んでいた仕事だったが、1か月、半年、1年と時間が経つにつれて、なんとなくもやもやした感覚が出始める。

 

このままではダメかもしれない。

 

何がだめかもよくわからない状態だが、ただ漠然と頭打ちしてしまった、マンネリの状態を感じ始めた。

 

変化。

 

僕は周囲に期待していた。成功、幸せ、喜び。そんなものは世界が与えてくれると思っていた。

 

その時、ただなんとなく吸い寄せられていったのが本屋だった。

 

初めは混乱した。世の中にあふれるノウハウの量があまりにも多かった。

 

でもそこから感じ取った。先人の方々が僕に教えてくれている。

 

人生を。

学ぼう。

より自分を高めるために。

幸せな人生を送るために。

 

このブログでは本を紹介していく。

 

あなたがその本から学び、幸せな人生を送ることを願っている。

 

http://www.flickr.com/photos/36768983@N06/4474421855

photo by shutterhacks

 

評価経済社会 僕らは世界の変わり目に立ち会っている

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

 

評価経済社会 ぼくらは世界る

大変化の時代を幸せに生きるために
ぼくたちのできることはなんだろうか?

twitterのフォロワーが100万人いるひとなら1億円を稼ぐのは難しくない。逆に、1億円を持っていてもtwitter のフォロワーを100万人にするのは難しい。

"評価">"お金" 時代をやさしく強く生き抜くためにどうしたらいいのか?

 

 

僕たちはインターネット革命の時代を体感している。

 

この革命は「お金」という価値観を変えていく。

 

世界はネットを介してつながりあう。

 

プライバシーの概念は変化を示し、個人の価値は、周囲からの信頼によって評価されていく。

 

その時、用いられるものがSNSのつながりや、サービスの評価、レビューなど、第三者からの評価である。

 

うそをつくことも難しくなり、人間は周囲の信頼を獲得するために必死になる。

 

「お金」より「評価」が大事な時代がやってきている。

 

「評価」があれば「お金」を稼ぐことはたやすくなる。

 

新しいパラダイムを提示してくれる良書。

 

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている